帰れマンデー見っけ隊!!「両国寿司」の評判は?(8月3日)

エンタメ

帰れマンデー見っけ隊!!両国寿司の口コミは?

栃木県・真岡鉄道に乗って無人駅でお寿司屋さんを探す旅ですが、番組で紹介された「両国寿司」の口コミがどうか調べてみました。

食べログで評価は、3.03です。まぁまぁ普通と言ったところでしょうか?

口コミは3件ありました。こんな感じで書かれていました。結構なボリュームのようですね!

安く生モノをたくさん食べたい人にはお勧めのようでした!!

驚きのボリューム

二度目の訪問である。

一度目の記憶は薄れているが、連れと二人とにかく腹が減っていたので駆け込むように入店。
ナカナカ清潔感のある空間である。

座敷の席に着くなり前回の光景がフラッシュバックする・・・

そうだ、大した満足感を得られなかったのだ。

まあよい、その時とは違うものを注文すればいい。
と思いつつ全く同じ刺身盛りと貝刺し盛りを注文。
生モノだけなのも飽きてしまうとカレイの唐揚げも注文しておこう。

連れと二人、大して食べる方では無いので盛りは1人前ずつを注文したのだが、いざ提供された皿を見ると・・・

圧倒的なボリュームに目を丸くする。
店員がテーブルに皿を置こうとしたとき連れと目が合った。

「(これ、2人前ずつ来てない?)」
『(うん、店員間違えたよ絶対に。こりゃあ2人前ずつだ。)』

完全に目で会話した瞬間だった。

店員が去った後に再度声に出して確認し合った私たちだが、しょうがない、このまま頂くことにしよう。
という決断に至った。

いざ食べてみると何とも形容しがたい不満足感がこみ上げてくる。カツオに添えられているおろし生姜はチューブ品ではなくとも、店で擂っているものではないことは間違いないだろう。
おそらくこれは試練だ。店主に試されているのであろう。
これをたいらげてニコニコしながら帰れば今後もこのレベルのものが提供されるのだろう。
しかし、ちょっと通ぶってお残しという表現を用いれば店主は『こいつら、できるな』となって次回からは至上の品が提供されるに違いない。
実際、量が多かったということもあるが。

あまりブツブツ書いているとまたもや下書き戻しという粛清を喰らうので以下は良かった点を書くことにしよう。

お通し、これはナカナカ。イカの塩辛だったのだが自家製だろう。荒さのない上品な塩辛であった。イカの方もコリコリ感が残っていて美味である。
カレイの唐揚げ、これも美味であった。小ぶりなカレイではあったが、骨まで残さず食べられたので酒のつまみに最適であった。

そして衝撃の瞬間が訪れる。
お会計をお願いしたところ、予想をはるかに下回る金額だったのだ。
予想とは例の盛りを2人前ずつで勘定した金額である。
確認はしなかったがこの盛り合わせが店の間違いではなく、本当に1人前ずつだったのだろう。
驚きのボリュームである。

安く生モノをたくさん食べたい人には最適なお店であった

その他にもこんな声がありました。

立派な建物だし、江戸前の看板があったので、入ってみました。
頼んだのは、上寿司の1.5人前のものです。

 種は中かな。たくさんの出前桶があったので、昼間は出前中心なんでしょう。
せがれさんが握ったようです。
 量的には、1.5なので十分でした。

 そのほかに、特上のお寿司もあったので今度は是非頼んでみたいと思いました。

 丁寧な握り。盛り込みです。アナゴは私の好みとは違いました。
ボリュウムもあるので、団体でものんびりできると思いました。

出典:食べログ

穴子は番組でも取り上げられていましたね!

とてもボリューミーなお寿司で手頃な価格のようなので、学生さんなどにもいいのかな?と思いました。

現在は、通常営業されているようですし、気になる方は、両国寿司に行かれてはいかがでしょうか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました