海外でめっちゃ使える英文法(挨拶編)

英語学習

カナダで使われていた実際の挨拶について紹介します。

日本の英語の教科書で使われている挨拶

挨拶というと、私達が中学生の頃、教科書で学んだのは、このような表現ではなかったでしょうか?

Jane:Hello. How are you?​​

Akiko: I'm fine thank you, and you?

Jane: I'm fine thank you.

​隣の子と何回も言い合って勉強していたのを思い出します。

カナダのバンクーバーへ初めて行った時、How are you?​​と聞かれたら、 I'm fine thank you, and you?​と言ってました。勿論、通じます!しかし、、、

カナダのバンクーバーでの挨拶は?

しかし、カナダ人の友達ができると、会うたびに言われるこの表現に驚きます。

How's it going? えっ?!何?? どこいくの?って???

そうではなくてHow are you?のカジュアルバージョンだよ!って教えてもらいました。電話での挨拶でも、Hi!How's it going? と言っていた友達。この表現は耳にタコが出来るほど、聞くこととなりました。

この表現では、中学1年生で学ぶ現在進行形が使われていますね。

現在進行形→be動詞+動詞のing形 How's it going? どんな感じで進行しているの? 直訳するとそんなニュアンスですが、海外ではこれを「調子どう?」という挨拶として使われています。

また、それに対してはGood!と返す人が多かったです。

よく使える英語の挨拶表現まとめ

How are you?→How's(How is) it going?

発音は、Itがほとんど聞こえませんので、itを読まなくても通じます!

I'm fine. →I'm good!

他の挨拶の返し方

答え方としてはこの他にもこのような表現があります。

OK.(まあまあ)

Not  too bad.(悪くないよ)

Pretty good.(かなりいいよ)

Great. (めっちゃいいよ)

ぜひぜひ、現地で私のようにうろたえないように、覚えておきましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました