おカネの切れ目が恋の始まりに出演する三浦春馬は自殺後は?霊視?

ドラマ

「おカネの切れ目が恋の始まり」通称(カネ恋)が2020年9月15日から10月6日までTBS系「火曜ドラマ」枠で放送される予定です。全8話の内容を4話に改変して、放送される予定です。
そんな中、視聴者としては、三浦春馬くんは自殺後どこへ行ったのか?何をしているのか?が気になるところだと思います。そこで、今どこで何をしているのかを調査してみました。

スポンサーリンク

[ad01]

どこでなにをしているのか?

いくつかYoutubeやサイトを見てみたのですが、死後49日間は、この世に留まっているという説が濃厚でした。ですので、三浦春馬さん7月18日に死去しているので、9月6日まではこの世にいる可能性が高いです。

その中でも、生前思入れが強かった場所へ自由に行けるらしくて、「キンキーブーツ」に出演もしていたアメリカに行ったりしているとある占い師が話をしているそうです。
また、仲の良かった人へ最後の挨拶をしている可能性も高いそうです。
気になる方は、こちらのYoutubeも見てみてください。

しかし、このYoutubeを見ると、どうやら自殺はペナルティを受ける可能性が高く、49日経った後も、この世の中に残り続ける可能性があるそうです。

友人が霊能者でその方が言っていたのは、予め決められていた年齢に至るまで、その自殺を繰り返すということを聞いたこともあります。

確かに、マンションで飛び降り自殺があった後、人影をみたとか人が落ちたと思ったら誰もいなかったとか聞いたことないでしょうか?
あの理由は、その行為を繰り返している可能性が高いそうです。

また、江原さんも自殺をした霊体はとても苦しんでいて後悔している霊体が多いということも話していますので、後悔している可能性も高いのではないかと考えられます。

どんなに苦しくても、それは物質世界のこの世で与えられた試練だそうで、それを乗り越えると人間性が磨かれるため、乗り越えることが大切だそうです。

もしかしたら、これを見た人で自殺を少し考えている人がいたら、思い止まってほしいなと思います。

1つ興味深い本を紹介します。この方は、ガンで死にかけた時に臨死体験をしたそうです。
その際に、気づいたのは、あの世が本来の場所でこの世はゲームのようなものだということに気づいたそうです。そこに気づいた瞬間、この世でやり残したことがたくさんあると、肉体に戻ってきて、考え方が変わった時に癌も消えていたという話です。
とても不思議な話ですが、こんな考え方もありますし、何より、この世がゲームで本来はあの世が自分の居場所だとしたら、生きるのが少し楽になる気がしませんか?

気になる方は、こちらの本を読んでみてください。

楽天ブックス 喜びから人生を生きる! 臨死体験が教えてくれたこと

スポンサーリンク

[ad01]

まとめ

三浦春馬君は現在、この世に留まっている可能性が高く、生前の思い入れが強い場所や会いたい人のところへ行っている可能性が高いです。

ただし、自殺をした霊体はペナルティを受ける可能性が高く、あの世に簡単に移行できないことがある。なので、この世に留まって、苦しい状態にいる可能性もあるということが分かりました。

今が苦しても自殺をしたら余計苦しい可能性が高いので、なんとか乗り越える方法を見つけることが長い目で見ると楽になる可能性が高いということも分かりました。

自殺をする人というのは、とても責任感が強かったり、とてもいい人だったりと他人の目を過度に気にしている人が多いような気がします。

他人は他人で結局は自分のために何かをしてくれることはない。何を言われようが、開き直ることも大切だと思います。
結局は、自分を一番大切にする必要があるということを今回の三浦春馬君の自殺から学ばせてもらった気がします。

スポンサーリンク

[ad01]

▲TOPへ戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました