海外でめっちゃ使える中学英語(無敵のCan)

英語学習

今日はよく使えるCanの表現について紹介します。

Canの意味とは??

Canには複数の意味があります。代表的なのはこの4つです。

①(能力を表して)〜できる​   例文:I can speak English.(私は英語を話せます)

②(軽い命令を表して)しなさい   例文:You can go!(行きなさい)

③(可能性・推量を表して)がありうる​   例文:It can happen.(起こり得ます)

④(許可を表して)してもよい​ 

今日はこの④の許可を得るCanについて紹介します。

許可のCan めっちゃ使える表現 3選

​海外であるあるの表現3シーンに分けて紹介します。

レストランでそろそろお会計したい!何という??

Excuse me.​ Can I get the bill (please)?​ (お会計お願いできますか?)

Can I pay by credit card?​(クレジットカードで払えますか?)

海外ではレジへ行って払うよりも、席で領収書を持ってきてもらって払うケースが多いです。その際は、10ー15%程チップを足して払うようにします。(カナダの場合)その日のレートによってはクレジットで払う方が安いことも多いので、クレジットで払うことが多いです。

②写真撮りたいな、撮って欲しいな、何という?

自分が撮りたい時

Can I take a picture? (写真撮ってもよいですか?)

相手に撮って欲しい時

Can you take a picture for me?(写真撮ってもらえますか?)

​③トイレを借りたい!!何ていう?

Can I use bathroom/restroom/washroom?​(トイレ借りてもよいですか?)

個人宅だとbathroom、公共の場だとrestroom/washroomというイメージですが、どれでも通じます。借りるだから、borrowを使ってしまうと、便器を剥がして持っていってもいい?っていうニュアンスになるのでご注意ください。

どうやって返事するの?

Can I〜?という風に聞いて、大丈夫な場合は、Sure /Absolutely/Of courseなんかで返ってくるのが一般的です。Absolutelyは絶対にという意味なのですが、このように「勿論ですとも!」みたいなニュアンスで使われることがあります。ウェイターさんなんかに言われると、とっても気分が上がります。知っていると聞き取れますよ!!

今日は、無敵のCan 許可を得たい時に、よく使えるシーンと共に紹介させていただきました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました