治らない産後の切れ痔の処方薬は?どうやって治ったか赤裸々にお話しします!

出産・育児

陣痛中から便秘になってしまった結果、産後、切れ痔を発症しました。産後は2ヶ月ほど切れ痔に悩まされることになりました。産後の切れ痔をどうやってどのくらいで治ったか?自分で実際に購入した市販薬と処方薬の効果の実感とともにご紹介します。
※少々、汚いお話もありますが、参考になればと思いますので、ありのままにお伝えします。

便秘の兆候は、陣痛中から始まった・・・・

毎日快便だったのですが、陣痛があまりにも痛過ぎて排便できなかった・・。
というか1日くらいは普通に出なかった・・・。

しかし、分娩所用時間が長過ぎて(60時間越え)、2日目あたりから途中で便意を模様してしまい、トイレへ陣痛と陣痛の間に飛び込んだ。
しかし、陣痛が5分おきに来てしまい、死にそうになる。
「おぉ、もうこれは死んでしまう・・・。」
陣痛の痛さと便意の両方から、汗を普段はかかない私が汗だく。
ダブルパンチが痛過ぎて、トイレの取手にしがみついて息を止めた。
30分くらいこもっただろうか?
しかし、便意がある割に、実際にはほとんど便が出ていなかった。
直径2センチ程度のウサギのような便しか出ず、「こんなに痛いのに!?」と泣きそうになった。
私にとって、人生で初めての便秘になってしまっていた。

長過ぎる壮絶な分娩について詳細が知りたい人はこちらへ

産後の便秘事情・・・

そして出産後、1日目。
毎日快便の私は、排便がほとんど3日間できていないことにかなり焦っていた。
意識的に、朝トイレへ入ることにした。
しかし、会陰部をはちゃめちゃに切られてしまったせいで、トイレで便を足すのが怖くて怖くて仕方なかった。
産後の痛みについて詳しく知りたい方はこちらへ

トイレに入ると、痛いのと怖いので、気張れず30分以上こもってしまう・・・。
自然に出てくるのを待ちたいが、なかなかその時がこない。
やっと、出てきそうと思って、本当に本当に恐る恐る用便するが、やはりうさぎ程度しか出なかった。30分もこもってこれだけ!?時間を返せ!と半ばイラつきながら、トイレを出た。

この時はまだ、便秘だなとしか思っていなかった。
もしかしたら、切れ痔になっていたかもしれないが、会陰部の方が痛過ぎて、痛みが分からないのと、悪露がひどく、常に出血していたので、切れ痔の血なのか悪露なのかわからなかった。

それからもとにかく、トイレに入るのが嫌で、毎日30分くらい耐えるものの、きばれず、相変わらず用便の量は本当に少なかった。

産前は、1日に数回用便をすることもあったが、産後は朝の1回だけしかせず、しかも量が少ない。

そもそもなんで産後は便秘になりやすい??
①会陰部の傷が痛過ぎて、便を我慢しやすい
②授乳により水分量が低下する
③骨盤底筋の脆弱化
④自律神経の乱れなど

切れ痔の発症に気づき始める・・・ヤバい・・・

産後10日くらい経ち、悪露が少しだけおさまってきた。
産後10日までは、大体直径2センチくらいのウサギのような便で、そこまで出す最中は痛くなかった。
しかし、10日後くらいから、ものすごく硬い刃物のような便を出している感覚に変わってきた。

大きさもウサギ便のようなものではなく、もう少し大きくなってきた。
硬さはカチカチで黒っぽく、肛門をから出すときに悲鳴をあげるほどの刃物のような硬さになっている感覚だった。

そして、トイレの後のトイレットペーパーに見たこともない量の血がついていた。
「ヤバっ。めっちゃ切れたのかな・・・。」
産前もたまに切れ痔を発症することはあったけど、ここまでたくさん血がついたことはない。
この切れ痔の具合は、結構ヤバいと感じた。
そして、出した後も肛門がジンジンし始めた。大体30分もすれば自然に収まるものの、排便がすごくストレスになっていった。

それからも毎朝30分くらいかけて、本当にゆっくりゆっくり、排便するものの、刃物で切られたような痛みとともに、出血し、常に切れ痔になっていた。

母に相談してみると

ウォシュレットをうまく使えば、そこまできばらなくても大丈夫!

と言われて、普段はあまり使わないウォシュレットを使ったりもした。
しかし、便が硬すぎてダメだった。
毎回30分近く、トイレに籠もらなければならならず、痛過ぎて汗だくだった。
朝、便を足すのが苦痛で仕方なかった。

切れ痔で市販薬を購入したことはないが、取り急ぎ何かの改善の糸口が掴めれればと思い、取り急ぎ市販薬をを購入。毎朝、排便の後に肛門に塗れば、肛門のジンジンする感じは、マシな気がするけど、便が硬すぎて切れ痔がなかなか治らなかった。

ちなみに購入した市販薬はこれ。めちゃめちゃ効いた感じはなかったが、気休めにはなった。

なんとか治したい一心で、インターネット検索をしたら、「産後 切れ痔 薬」で便を柔らかくする薬があることを知った。
排便後に塗り薬を塗っていても、根本治療にはならないということが、切れ痔を発症して悩み続けて分かったこと。なので、便を柔らかくする薬を処方してもらおうと心に決めた。

ところが、すぐに病院へいかなかった。
「会陰部の傷がまだ癒えてなかったので、何か問題があって手術になったらどうしよう・・・。」
「内診されるのかな?嫌だな・・・。」と思い、なかなか行く気持ちになれなかった。

意識的に水を飲むように心がけていたが、あまり症状は変わらず、毎朝死ぬ思いで、排便をすることになった。

とうとう迎えた1ヶ月検診で処方された薬は!?

そしてとうとう迎えた産後1ヶ月検診。
1ヶ月検診は必ず行かなければ行けない診察で、赤ちゃんの状況も確認される。
この時に、薬をついでに出してもらおうと思っていた。

会陰部の話をした後、ついで的な感じで切れ痔のお薬をお願いした。

すいません。産後から便秘になりそこから切れ痔を発症したのですが、
便を柔らかくする薬を処方してもらえませんか?

産後は多いですからね〜。
わかりました。便を柔らかくするのと切れ痔に塗る薬出しておきますね!

切れ痔のことを伝えると、結構そのようなお母さんは多いみたいで、あっさりすぐに処方してもらえた。切れ痔の内診はなかったので、ほっとした。

処方された薬は2種類だった。

1つ目は、マグミットというお薬で、便を柔らかくしてくれるお薬
全て飲んでしまったため、写真がないが、これがすごく助かった。
実際に飲み始めてすぐに、便が柔らかくなったため、私の場合は、処方された日に毎朝晩1回だけ飲むと、便が柔らかくなって、トイレで排便の痛みで死にそうになることがなくなった。

最初の1日は朝晩と2回飲んで、次の日にはそこまで硬くない便が出た。
そして、その後3日間くらいは2回飲んでいたが、下痢っぽくなったので、毎晩1回だけその後は飲むようにしていた。

なぜマグミット で便は柔らかくなるの?
マグネシウムなどの塩類は、腸からほとんど吸収されないそうです。
そのため、塩類を摂取すると、腸内の浸透圧が高まり、腸内の水分量が増え、便に含まれる水分の量が増え、便が柔らかくなり、排泄を促す作用をもたらすそうです。

2つ目は、ヘモレックス軟膏という1回使い切りタイプを処方された。
用便後に1回、肛門の中と付近に塗るようにした。
こちらは、手を使わなくても塗れるタイプだったので、ありがたかった。
中の軟膏は、ワセリンのような素材で、手につくとベタベタする感じだった。

しかし、この薬は、市販薬と同じような感じで、とても効いた感じはなかった。
若干、肛門ヒリヒリ感は少しマシになっている感じがする塗り薬でした。

というのも、私なりの考察ですが、ヘモレックス軟膏や市販薬はあくまで、対処療法で、その傷を少しは和らげることができたが、その後また硬い便が出たら、また切れてしまう感じだった。なので、そもそもの根本=便を柔らかくしない限りは、切れ痔は良くならないと感じました。

憎き切れ痔くん、だんだんフェードアウト・・・

便を柔らかくするマグミット というお薬がきっかけとなって、硬い便が出なくなったので、トイレで死にそうになることがほとんどなくなった。
毎晩1錠飲むだけで、次の日、死なずにすむので、本当に助かった。
出血が少しあったとしても、痛みが少なくなっただけでめちゃめちゃ嬉しくて、かなりの生活の質が向上した感じ。

そうすると、産後1ヶ月半から2ヶ月くらいで徐々によくなっていき、切れ痔の出血量も少なくなってきた。だんだんトイレットペーパーに血がつくことが減り、マグミット を1ヶ月飲み続けて、その後は出血がほとんど気にならなくなり、完治しました!!!

その後は、マグミット を飲むことはやめましたが、たまに硬い便の時に切れ痔になると、処方されたマグミット の残りを飲むようにしていました。

産後の切れ痔に悩めるママへ

産後って体調不良だらけですよね。
安心してください。私の体も、産後本当にズタボロでした・・・。

こんなにひどいのは私だけかな?と思っていたのですが、産後の体調不良に悩むママは意外に多いということが、病院の先生の話でわかりました。

今回の切れ痔の話も、デリケートな話なので、大ぴらげにすることが恥ずかしいのですが、産後のブログを見ると、切れ痔に悩んでいる人もいて、私だけじゃないということが心強かったのを覚えています。なので、今回汚い話ですが、記事にすることにしました。

せっかく、ここまで読んでいただいたので、ご自身でできる改善方法などを紹介したいのですが、私の場合、良いと言われている水をたくさん飲んだり、ヨーグルトや発酵食品なども食べましたが、正直あまり効果を感じられませんでした。
今思えばそれ以上に授乳をして、水分が足りていなかったのかもしれません。
水をかなり多く飲むといっても、授乳でどのくらい水分が減っているのかも分からない状態なので、なかなか難しい部分があるかなと思います。
そして、切れ痔に関しては、やはり患部に薬を塗る対処療法よりも、根本的に便を柔らかくしないとなかなか改善できません。
ですので、産後で切れ痔に関して悩んでいる場合は、やはり早く病院へ行くことのがベストだと思います。

とはいえ、
「切れ痔くらいで病院へ行くのもなぁ。。。」
「切れ痔の箇所を見られるのは嫌だし。」
とか考えて、病院へ行くのが遅くなりました。

しかし、この切れ痔問題が地味に困って、朝の排便が苦痛で仕方ありませんでした。

正直、もう少し早く病院へ行って、便を柔らかくする薬の「マグミット 」を処方してもらっておけばよかったと強く思います。
切れ痔は塗り薬などの対処療法ではなかなか良くならなかったので、そもそもの便を柔らかくする必要があると思います。

もし、悩んでいる方いらっしゃたら、早めに病院へ行って、状況を伝えてお薬を出してもらったら、解決につながるかもしれません。

この記事が、切れ痔に悩む誰かの目に留まって、解決につながれば嬉しいなと思います!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました