よもぎゅっとでかぶれた?!使い方と効果はどうだったか?体験談ブログ

妊活・不妊治療

31歳の私が、妊活中にホットナプキンの「よもぎゅっと」を使ってみることにしました。
使おうと思ったきっかけと使い方と実際に3ヶ月程続けて使った効果とかぶれや火傷はなかったかについてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

冷え症だからなかなか妊娠できないのかな?

妊活をしていた頃、体質改善のため、鍼灸に通っていました。
そこでいつも言われていたことがありました。

今日も太ももが冷えてますね。
足のお灸から始めます。

今日はそんなに寒くないのに、冷えてますか? 
自分ではあんまりわからないです。

そうですね。
冷え症だと思いますよ。冷えは妊娠とも大きく関係しますし、
冷えをなくしていくことが大切です。
体温はどのくらいですか?

体温は36度ないくらいですね。低体温です。

それはよくないですね。
体温が高めの方が、妊娠しやすいですよ!
今度、うちでよもぎ蒸しやってみますか?

あっ・・・はい。

気づかないうちに冷えてるんだな・・・。
だから、なかなか妊娠できないのもあるのかな・・・。
体温も低めだし、いつもなにも思わなかったけど、妊娠に関係するんだ・・・。

そこから、体温をあげるために、鍼灸の先生に勧められて、よもぎ蒸しを続けていました。

よもぎ蒸しとは、肛門と子宮の粘膜からよもぎの蒸気を吸収させ、下半身から温める韓国の伝統的民間療法のこと

よもぎ蒸しが終わった後は、体がホカホカしていて、とても気持ちが良かったです。

すっかり、よもぎ蒸しにはまってしまい、自宅でもよもぎ蒸しをしたいと考え始めました。いくつか、よもぎ蒸しセットが売っているし、本気で買おうかと考えたけれど、火を使うのが少し怖かったことと、置く場所や体にきているマントを毎回洗ったり・干したりするのが面倒だなと考えてしまって、重い腰がなかなか上がりませんでした。

そんな時に、よもぎ蒸しセットからの検索結果の延長で「よもぎゅっと」と出会いました。「ホットナプキン?」なんか良さそう!!

とっても単純な私は、パッケージにある「体温をあげる」という部分が自分の気にしていることそのものだったので、とっても惹かれ始めました。
口コミを読んでも、「適度な温かさでいい」みたいな、なんだか良さそうなものが多かったので、買ってみようかな?と思いました。

価格も40枚入りで3500円くらい。1枚換算で88円ほど。
そこまで高い値段じゃないし、あまり深く考えずに試しに購入することにしました。

妊活中は、とりあえずなんでも良さそうならやってみる!という感じで、お金のことをそこまで気にせずに使うようになっていました。

ホットナプキンって、、熱すぎないか心配・・・

楽天で購入した3日後すぐに到着しました。
早速、箱から出してよもぎゅっとを1枚取り出して、使ってみました。
「ホットナプキンって一体どうなってるの??」「いきなり暖かくなるのか?」「めぐリズムみたいに蒸気で暖かいの?」など、疑問だらけでドキドキしました。

袋から取り出してみると、ナプキンとほっとナプキン専用発熱体が1枚づつ入っていました。「あれ?貼るカイロみたいな感じ?」

ほっとナプキン専用発熱体は、ミニの貼るカイロに似てました。
シールを剥がして使うようです。
ここで、「ホットナプキンってどんな感じ?」って思っていましたが、「カイロを貼って温めるようなものか〜。」と納得したのと同時にちょっとだけ落胆しました。
「もっとすごい蒸気が出てくる感じかな〜?」と期待していた・・。

ナプキンは22センチほどで、昼用のナプキンのような感じですが、とても薄くて、嗅いでみると、よもぎの匂いがぷんとしてくる感じ。
よもぎ蒸しにハマっていたので、少しテンションが上がりました。

ナプキンの裏側の粘着テープ部分に、ほっとナプキン専用発熱体を貼るとこんな感じで完成しました。

さっそくショーツに着けてみましたが、初めは、そこまで熱くなくてほっとしました。
カイロほどの熱さではなくて、その部分だけお湯で温められているくらいのほっこり温かい感じです。

発熱時間は5−6時間ほど。しかし、初めは2時間程度がおすすめと説明書に書いてありました。

なんか痒いかも・・・もしかして・・・かぶれた??

初回からそんなに熱くないし、いい感じだと安心して6時間以上使用してしまいました。

その結果、若干かぶれてしまいました。

「なんだかかゆい・・・」そう思って、トイレへ駆け込みました。
やっぱり2時間くらいにしておけばよかったと後悔しながら、すぐにナプキンを外しました。

そこからその日は若干痒いので、仕方なく、家にあったフェミニーナ軟膏をつけました。そうすると、1時間くらいで痒みは引いてくれました。

生理の最終日くらい、経血量も少ないのに、ナプキンをずっとつけてしまった、そんな痒みでした。

私の肌には少し強かったのかな〜と思いながら、ちょっと使うのを辞めてしまいました。デリケートな部分だし、ちょっと怖かったのです。

2.3日様子をみて大丈夫そうだったので、よもぎゅっとを再度使い始めました。

でも、「やっぱりまた痒くなったらどうしよう、もっと酷くなったらどうしよう。」という怯えがあり、2時間くらいしかつけませんでした。

なんだかあったかくていい感じだけど効果は見えず・・・

妊活中の秋から冬の間は、よもぎゅっとを3ヶ月間、週に4〜5回、平均2時間使用していました。ちょっとその間に自然妊娠したらいいなと期待したのですが、毎回生理がきてリセットされました。

こんなちょっとしたことで、妊娠したら嬉しいなと少し期待していたので、がっかりしました。「やっぱり私は何やってもダメなのかな?」と落ち込んだりもしました。

ちなみに、最終的には、めでたく「神戸元町夢クリニック」で体外受精をして妊娠しました。その詳細も記事にしているので、よかったら読んでみてください。

体温などの変化も残念ながらみられず、いつも35.8から36.2のあたりをうろうろしていました。
「体温をあげる」って書いてあるけど、やっぱりこんなものじゃ上がらないのかと落胆しました。毎朝検温して、36度ある時はまだいいですが、35.8とかだと、もう使っても意味ないやんとかなり落ち込みました。

しかし、唯一、手足が寒い冬は、中から温まるような感じがして、「あ〜なんか癒される。」と感じることが何回かありました。

私は、1・2月ごろは、ほぼ毎日と言っていいほど、お腹と背中にカイロを貼るくらい寒さに弱いタイプなので、出勤時はとにかく暖かくして出かけるための1つのアイテムとなっていました。

よもぎゅっとの使用感まとめ

「ホットナプキンって一体どんななの?」とドキドキしていましたが、簡単に言えば、貼るカイロの弱いのをナプキンに貼っているような感じでした。

使い方はとても簡単で迷うことはなかったですが、蒸気かなんかで暖かくなるのかと期待していたので若干残念でした。

効果の方は、温かいなと感じることはあったのですが、使用期間の3ヶ月程では、体温の変化はみられず、残念ながらその間に、妊娠することもなかったです。
結構期待して使ったのですが、目に見える効果はありませんでした。

そして、初めから私のように使いすぎると、かぶれたりすることもあるので、注意が必要そうです。

正直なところ、私はもう使うことはないと思います。
というのも、産前の私は少しかぶれても、まぁ大丈夫だろうというタイプだったのですが、産後はとても敏感になりました。
会陰切開の傷のせいで、少しでもかぶれたらと思うと、恐怖すぎて使いたくないというのが正直なところです。

会陰切開の傷について、もう少し知りたい方はこちらもみてください。
どれだけ痛いかリアルに書いた記事です。

妊活中で冷え症の方がいたら、これだけで妊娠できるとは言えないと思いますが、1つのアイテムとして知っておいてもいいかもしれません。

「よもぎゅっと」はお試しで10枚入りからあるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
妊活・不妊治療
スポンサーリンク
かえでをフォローする
かえでブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました